profile


安珠(あんじゅ)/写真家/日本/東京出身

 

プロフィール

安珠(あんじゅ)写真家。東京生まれ。十代でデザイナー・ジバンシーに専属モデルとしてスカウトされ渡仏。パリを拠点に世界各国の「ヴォーグ」や「エル」、パリコレに出演し国際的なモデルとして活躍。`90年帰国後、写真家に転身し、『少女の行方』(東京書籍)、『星をめぐる少年』(新潮社)、『小さな太陽』(小学館)など文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界を表現。広告、雑誌連載、文筆や講演、審査やTV出演、ビジュアルプランから映像監督まで幅広く活躍。2014年『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』(朝日新聞出版)を出版し、東北を中心に全国の子どもたちの夢を伝えるプロジェクトを立ち上げ、写真展や講演(パリ・ボンマルシェ、東京ミッドタウン、全国20ヶ所以上)を開催。2017年発表の平安京に焦点を当てた『Invisible Kyoto-目に見えない平安京-』と並行して、中国の世界自然遺産である張家界の作品『仙人の千年、蜻蛉の一時』も長期に渡り撮影中。また、戦後70年を境に「写真を読み解く力」についても活動。 写真家協会会員、写真協会会員、 全日本写真連盟顧問。

安珠WEB写真展Celebration by FACHION CANTATA from kyoto 開催中

 


ABOUT ANJU

★Model時代

 来日したジパンシーと契約し渡仏。パリを拠点に、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、東京にエージェーシーを持ち、世界各国のVOGUEやELLE等の雑誌、ファッションショー(ケンゾー、ジャンポール・ゴルチエ、ジョン・ガリアーノ等)に多数出演し、国際的なモデルとして活躍。舞台出演 「小夜子」準主役 パルコ劇場/ 演出 重延 浩 (山口小夜子さん主役)。映画出演 ・「Mode in France」/監督 William Klein(パリコレクションの世界)・「A Y.M.O. FILM PROPAGANDA」マドンナ役 / 監督 佐藤 信(YMOの散解物語)

 

 


★Photographer

パリから帰国しモデルから写真家へ転身。

 

`90年写真小説「サーカスの少年」でデビュー。文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界を創っている。`90「SHINC・NEW PHOTOGRAFER・OF・THE・YEAR」、`95「毎日新聞社AMUSE・OF・THE・YEAR」受賞等。主な写真作品集には、写真小説「少女の行方」(東京書籍)、写真絵本「星をめぐる少年」、詩写真集「恋文の森」(新潮社)、詩写真集「眠らない夢」(新潮社)、愛猫の写真絵本「小さな太陽」(小学館)、作詞家の松本隆・小説「写真小説 サーカスの少年」(東京書籍)、辻仁成・文「 ここにいないあなたへ」(集英社)等。他にタレントとのコラボレーション、とよた真帆「ANBIENT-M」(ぶんか社)、宮崎あおいの「少女日記」(角川出版)、奥菜めぐみ「3/3」(朝日出版)など女性誌のカバーも飾る話題作多数。三島由起夫賞作家の矢作俊彦とのコラボレーション「ライオンを夢見る(ヘミングウェイを世界地図で追った写真エッセイ)」(東京書籍)等も手がける。`07ムック本「Natural Glow」で安珠特集が組まれる。`14東北を中心に全国のこどもたちの夢を集め「Dream Linking ☆つなぐ夢、千年忘れない」(朝日新聞出版)。

 

 

Photo exhibition 自作短編ビデオ上映をし、YMO細野晴臣氏がオリジナル音楽や選曲で協力参加。恵比寿三越で開催された写真展「安珠の写真世界」は二週間で4万人以上の動員を記録。主な写真展開催場所は、全国のCanon、FUJIFILM、OLYMPUSギャラリーや、原宿ラフォーレ(原宿/新潟/小倉)、青山スパイラルホール、青山モリハナエビル、パルコ(大阪/名古屋)、ソニープラザ(銀座/大阪)、大丸百貨店 (大阪/福岡)、三越百貨店(恵比寿)、伊勢丹(新宿)多数。`12〜`13年、CANON GALLERY全国4カ所で安珠写真展世界自然遺産 張家界「仙人の千年、蜻蛉の一時」開催。全国六ヶ所でFUJIFILM主催「30,000人の写真展」とコラボした写真展Dream Linking ☆つなぐ夢、千年忘れない」を開催。そして、 2014年8月30日〜10月18日 パリのル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュで行われる「ル・ジャポン・リヴ・ゴーシュ展」で、“KOKORO 11.3.11” と「Dream Linking☆」のコラボレーション写真展「KOKORO + ANJU」を開催。海外でも東北の子どもたちの夢に多くの理解を得られた。Photographer 安珠による写真展「KINEMA KIMONO」ファッションカンタータウィーク映画生誕120周年を記念して京都駅ひろばにて開催。 「Invisible Kyoto -目に見えぬ平安京-」 2017年3月11日(土) - 6月8日(木)ライカギャラリー京都 開催。

 

 Advertisement メナード化粧品、大丸百貨店、サンスター、SONY、サンヨー、ミキモト、日本たばこ、近鉄、ゆうちょ、エア・フランス、レナウン、シュウ・ウエムラ、株式会社ダリア、TAKAMI BRIDAL、Canon、OLYMPUS(新聞広告大賞)、AOKIホールディングスなど多数。文京女子大学パンフレット「歩きはじめる時」全国大学パンフレット人気投票一位最優秀賞。NHK朝の連続ドラマ小説では、女性カメラマン初起用で`05「わかば」広告ポスター撮影が話題に。映画ポスターも多く手がけ、映画「失楽園」(本年度の日本映画ポスター最優秀賞)が`07日本映画記念切手として選ばれる。浜松のHOTEL「day by day」写真空間をプロデュースし好評を博す。`12年デザイナーRINSHU氏が「9 3/4」映画監督の広告媒体と写真集「9 3/4 RIO」を制作。 

 

Essay 銀座百店に書いたエッセイ「天国からの伝言」がエッセイスト協会から「ベストエッセイ集」(文藝春秋集)に選抜され、朝日新聞に掲載されたエッセイ「今は素直に、感謝しています」が、中学二年の国語の教科書教材に選ばれる。映画などの評論やコメントも多い。`08年には携帯サイトで長編ファンタジー小説「ドリームオーナー物語」を連載。`07〜沢田研二の作詞を手がける。ほとんどの雑誌連載は写真と原稿を手がけている。

 

Magazine series  今までの雑誌連載の主は、StudioVoice「ANJU SCOPE」(モード界リーダーのグラビア+インタビュー)、TVぴあ「安珠のピープル・ギャラリー(表紙+グラビア+インタビュー/安室奈美恵/観月ありさ等)」、「CAZ」(表紙グラビア+インタビュー菅野美穂/中谷美紀等)、CANCAN「海外恋愛小説(イメージ写真)」、mc Sister「ANJU+HIPERBOYS (メンズ・グラビア+インタビュー/KinKi Kidsus/長瀬智也等)、週刊ポスト「さよなら二十世紀(作家:矢作俊彦とのコラボ。世界各地の歴史的場所撮影五年間)」、郵政省/全郵政ジャーナル「夢の彼方(フォトエッセイ)」、婦人画報「光子(チェコやオーストリアでイメージ撮影撮影三年間)」、クロワッサン「服は大事な生活道具(文化人ゲスト撮影)」、「日経ネットナビ」(表紙+グラビア+インタビュー/広末涼子/米倉涼子等)、ミュージック・クリエーター「ANJU×anju (ミュージシャン撮影インタビュー/Every Little Thing/SPEED等)、VERY「思いわずらうことなく愉しく生きよ(江國かおり小説×イメージ撮影)」、JJ「姉御にきけ(グラビア撮影/夏木マリ×篠原涼子等)」、PhatoPhoto「安珠のスケッチショット(フォトエッセイ)」、スワン「安珠のPhoto Essey(世界的なバレリーナーグラビア+インタビュー)」等、多数。週刊文春「原色美女図鑑」(グラビア撮影/竹内結子/宮沢りえ等)」や週刊ポスト「ピープル(グラビアインタビュー/郷ひろみ /井上陽水等)」では、長きに渡り旬なタレントを多数撮影。

2012年より週刊プレイボーイ(集英社)+Brother by Anju(清原 和博、箭内 道彦など)、+Gail by Anjuを不定期で連載。CANON GALLERY写真展開催に合わせて、世界自然遺産 張家界「仙人の千年、蜻蛉の一時」をアサヒカメラ11月号で特集掲載。日本カメラ五月号vol3「植田正治へのオマージュ/世界最大巨大カメラの初撮影」アサヒカメラ「安珠の写真家のフオトツリー」連載。

 

Lecture 主な講演としてデザイン振興会、キャノン記念イベント、パルコ写真シンポジューム、広告批評読売広告塾、Kodak広告写真塾、JR主催「京都ファッション・カンターター進行役 」、大学、専門学校、ワークショップ等で多くの講演、授業をしている。フジ写真フィルム主催「安珠の女性のための写真セミナー」東京国際フォーラムなど大ホールで全国7ケ所で開催。女性向けの企業講演では化粧品会社など多数。2016年(一財)下関21世紀協会 創立30周年記念講演『フォトグラファー安珠~一瞬の下関』、会津若松「写真の力」、「ふじのくに子ども芸術大学」、小学校、中学校、高校など子どもたちに写真から伝えられることを講演。

 

TV appearance 写真だけでなく、ファッション、オペラ、バレエや歌舞伎等、様々なジャンルの趣味を持ち、TVにコメンテーターとしてゲスト出演。NHK教育「全国ホットモーニング」、「おしゃれ工房」、「芸術劇場」、NHK総合「つながる@ヒューマン(レギュラー)」、NHK衛星第2チャンネル「フォトグラ・ヒア」、「真夜中の王国」、パーフェクTV「地球写真館」、NHK総合「いっとろっけん(月曜日写真評価役)」、NHK教育「デジフォト祭り」、NHK教育「知るを楽しむ(澁澤龍彦篇)」、BSジャパン「2010・写真家たちの日本紀行(石垣島/八重山諸島)」等。BS朝日「フォト☆ラバーズ」、ネットTVでは、impressTV「cacio安珠のデジカメ動画日記 (友人の文化人や俳優を迎えてトーク/仲村トオル/坂井真紀等多数)」過去隔週2年間放映。2013年、BS朝日「フォト☆ラバーズ」、NHK教育「短歌」、TVK「ありがとッ!」、フジBSにて2時間番組「ワタシの好きな500の色~メキシコ篇」ではカメラ片手にメキシコを旅する。 BS朝日「ニッポン絶景街道」レギュラー、BSTBS「ひと まち紀行」、NHK Eテレ『趣味Do楽「レンズで見つける!わたしの京都~女子のカメラ&ライフ・レッスン~」など多数

 

Judge 審査員として、写真コンテストの富士フィルム、キヤノン、オリンパス等以外にも多数参加。リキテックス・ビエンナーレ、ロレアルカラートロフィ、草月流SYC展、TBCスリムビューティ、シュウウエムラ・メイクコンテスト、モデルやタレントのコンテスト、「フジサンケイグループ広告大賞」、産経新聞主催の「高校生文化大賞(作文)」、「美しい日本を撮ろう」、NTT東日本カレンダー「光と自然の風景」コンテスト、アイリックコーポレーション 「我が家のフォトコンテスト」、「アサヒカメラ」月例コンテスト「ファーストステップ」審査員、伊勢志摩サミットフォトコンテスト、キヤノンクラブクリエイティブフォト部門審査、ニコンTOP EYE「全国高校生フォトコンテスト」、よみうり写真大賞など多数。